くろねこさんの「はてなブログで10000円」

まずは『はてなブログ』で10000円を稼ぐことを目指す超初心者ブロガー向けのアドバイスブログ

ブログのアクセスを集める一番のコツは、タイトルや見出しを工夫すること

タイトルや見出しの重要性を知っておく

今回の記事ではブログのタイトルや見出しの重要性について、説明したいと思います。

というのもブログ記事というのは、タイトルや見出しを変えるだけで、訪問者の数が一気に増える可能性を持つものだからです。

 

タイトルと見出しをうまくつけることができれば、アクセスアップも夢じゃないにゃ!

 

 

ブログ初心者がお小遣い稼ぎをするために集客に関して知っておくことは、とりあえずタイトルと見出しのつけ方ではないかと思うくらい大切です。

では、どんなタイトルや見出しをつければよいのでしょうか?

Googleで検索されそうな名詞を必ず入れる

もしあなたがブログに

「最近買ったバイク、すごくいい!」

と書いたとしてもおそらくその記事は誰の目にも止まりません。誰かが検索してその記事にたどり着くためのキーワードとなる言葉が入っていないからです。

でも

「最近レッドバロンで買ったホンダのVTR、すごくいい!」

と書けば、少し結果が変わってきます。

レッドバロン、ホンダ、VTR、といった固有名詞で検索した人の目にあなたの記事が止まるかもしれません。

これと同じことがタイトルや見出しにもいえます。記事のアピールポイントであるタイトルや見出しに、誰かが検索しそうなワードを2~3個、見出しと記事に入れてあげるだけで、人に読まれる可能性がぐっと増えるのです。

人は何かについて情報を得たいと考えたときに、ネットを使い、記事を読みます。

ですのでその人があなたの情報にたどり着けるように、合図を出してあげる必要があるのです。

タイトルは長すぎず短すぎずが基本

記事のタイトルは長すぎず短すぎず30字前後でおさめるのが理想でしょう。あまり長すぎると、検索結果で表示された時、タイトルが省略されてしまうからです。

大切なのは、タイトルの冒頭部分です。

ここに自分が一番強調したいキーワードがくるように、タイトルを考えます。

見出しを効果的に使用する

特に見出しは大切です。

はてなブログには「大見出し」「中見出し」「小見出し」の三種類の見出しがあります。

私がおすすめするのは

  • 記事の最初に「大見出し」で記事の副タイトルを入れる
  • 記事の中で少しテーマが変わるごとに「中見出し」を使う
  • 「中見出し」のなかでさらに内容が細分化するとき「小見出し」を使う

というパターンです。

見出しをいちいち入れるのは面倒と思う人もいるかもしれませんが、ネットで調べた記事というのは、じっくりと読むものではなく、ざっくりと目を通して、自分の知りたい情報を仕入れるためにあると私は思います。

そのため見出しでわかりやすく記事の内容を適宜示してあげることで、ぐっと記事が読みやすいものになるのです。

中でも「中見出し」を多用するのがポイントになります。

参考にしてください。

ブログのタイトルを変えただけでアクセス数がうなぎ上り!?

もう一つ大切なポイント。

それは記事のタイトルはじゃんじゃんと変更してしまってOKということです。記事のタイトルだけではありません。一度書いた記事は何度書き直してもOKです。

書き直していくことで、どんどんと記事の質を高めていく。

そうするとどんどんとその記事が人に読まれる記事に成長していきます。

一般的に自分が書いた記事が検索して読まれるようになるまでは3か月かかるといわれています(3か月という時間がなければ、生まれたての拙い記事は、認知してもらえないというイメージです)。

ですので記事を書いてからしばらくは様子を見ます。

でもいくら時間がたっても誰にも読まれない記事というものがあります。そういう記事はまずタイトルを大幅に変えてみてください。

それだけで記事のアクセスすが(同じことを書いているのに)一気に急上昇するということは多いです。

 

人は記事の内容を見るよりも先にタイトルを見て、その記事を読もうか決めるものなのにゃ。

 

 

まとめ

ということで今回の記事では見出しとタイトルの重要性を説明しました。

できるだけたくさんの人に読まれるブログを作りたい!

そう思うのであれば、タイトルのつけ方と見出しの活用の仕方がとても大切なポイントになってくるということです。

逆にいえば、これがきちんとできていないと100、200、300と記事を書いたところでアクセス数が月に100も超えないという悲しいことになってしまいます。

まずは自分の記事を読み直し、一つ一つの記事を大切にして、タイトルや見出しを付けてみてくださいね。

 

今日のまとめ「タイトルと見出しを変えただけで記事は生まれ変わることが出来る」のにゃ!